用語辞典

キャッシュとは

キャッシュとは

キャッシュ

キャッシュとは、一度使用したデータを次回、同じページを表示する際にすぐにアクセスできるように保存しておくことを意味します。
一度表示したWebページのデータを保存しておき、最初より早く表示してくれる仕組みとなります。
キャッシュを使用することで、サーバーのファイル作成を簡素化し、ブラウザからサーバーへのデータ通信が不要になります。
キャッシュは、データの保存場所によって2種類に分類されます。1つ目はデバイスに保存される「ブラウザキャッシュ」、2つ目はサーバー上に保存される「サーバーキャッシュ」と呼ばれています。

WEB・IT初心者が覚えておきたい基礎用語でした。いきなり全てを覚えることは難しいですが、まずは担当業務などに関連する用語の意味をしっかりと理解することで自然と覚えていくことが可能です。 ただ、専門用語ばかりを並べて話すと相手によっては分かりにくい場合もあるので、WEB用語を会話で使用する見極めも重要です。

ご相談・ご依頼

Contact us

弊社にご相談、ご依頼をご希望の方は下記フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ内容を確認させていただき、ご希望のご連絡方法(電話、メールからお選びください)で担当よりご連絡いたします。

契約の流れ