コラム

2020.10.28

コロナに関する誹謗中傷対策サイトをオープン

問題視されるネットの誹謗中傷…

昨今、ネット上での誹謗中傷が問題になっています。
しかし現在、今まで野放し状態であったそれに対し、新たな法律や厳罰化を求める声が強くなっています。

自分で何とかしたくても、手間も時間もお金も必要になります。一体どうすればいいのでしょうか?

こんなお悩みないですか?


●コロナに関する事実無根の噂が拡散されて営業がしづらくなった。
●従業員にコロナ感染者が出た事で多方面から過剰な詮索をされている。
●ホーム内に集団感染が発生しホーム存続の危機的状況になった。


特に今回のコロナ感染防止策の自粛生活の中で、人との関わりを減らした分、インターネットを使用する機会も多くなりました。
今後はその便利さからインターネットでの情報収集をされる方は、間違いなく増加していくと考えられています。

インターネットでは、知りたい情報に対してピンポイントで調べることができ、
しかも情報の更新が早いという事もあり便利であります。
一旦拡散が始まると想像以上の速さで、情報が広がります。
また困ったことに、ポジティブな情報よりもネガティブな情報の方が拡散スピードが早いことが大半です。

新ビジネスが週刊新潮に取りあげられました!

ウェブサイト

そこで新たなビジネスとして、
ウェブコンサルティング企業のファーストイノベーションでは
「ネットの誹謗中傷・風評被害対策支援プロジェクト」を発表しました!!
タッグを組むのは「ジャパンデザイン社」。該社は官民一体の「熱中症予防声掛けプロジェクト」や、地域活性化を目指す「温泉総選挙」など社会課題の解決と手法の提案を主な事業としている企業です。

このプロジェクトはまず医療従事者や飲食店関係者などが対象となります。最初に被害の依頼を受けると、当該の書き込みなどを検証。
そして悪質であると判断した場合には弊社のプログラムを用いて対処を行います。
具体的には、当該サイトが削除されていなくても、検索結果の上位に表示されないようにすることで人の目に触れないように対策をします。

初期対応をプログラム化

ファーストイノベーションでは、初期対応をプログラム化したことで人件費をカットでき、安く、そして早く対応できることを強みとしています。
果たしてネット上の罪なき人々を救えるのでしょうか。

弊社は、新型コロナウイルスに関する風評被害対策を原価で対応させて頂く事で、社会に貢献していきたいと思っています。
新型コロナウイルスで、被害にあわれた方のご相談を無料にて受け付けております。
ご相談は、企業・個人問わず、受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

「新型コロナウイルスによるネットの誹謗中傷・風評被害対策支援プロジェクト」特設サイトはこちら