用語辞典

レスポンシブデザインとは

レスポンシブデザインとは

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、端末の画面サイズに依存しないウェブサイトを構築する手法です。
つまり、端末のウィンドウ幅に調節し、見やすい表示に自動で切り替える仕組みを持つデザインのことです。近年、画面サイズの異なるPCとスマホの両方から同じウェブサイトを閲覧することも多くなりました。レスポンシブデザインを導入することで、異なる端末のスクリーンに対応し、どの端末からアクセスしても最適なサイト表示をすることが可能となります。レスポンシブデザインのメリットとしては、スマートフォンなどの画面が小さな端末での見やすさ向上に加えて、URLは1つなのでユーザーがリンク・共有をしやすい点やGoogleが推奨していることからモバイルの検索上位表示に有利な点などが挙げられます。

WEB・IT初心者が覚えておきたい基礎用語でした。いきなり全てを覚えることは難しいですが、まずは担当業務などに関連する用語の意味をしっかりと理解することで自然と覚えていくことが可能です。 ただ、専門用語ばかりを並べて話すと相手によっては分かりにくい場合もあるので、WEB用語を会話で使用する見極めも重要です。

ご相談・ご依頼

Contact us

弊社にご相談、ご依頼をご希望の方は下記フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ内容を確認させていただき、ご希望のご連絡方法(電話、メールからお選びください)で担当よりご連絡いたします。

契約の流れ