SSLとは

SSL

SSLとは、「Secure Sockets Layer」の略称であり、ウェブイトとそのサイトを閲覧しているユーザーとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みです。
データ通信を暗号化することにより、セキュリティー効果を高めます。第三者が通信の中身を盗み見て悪用することがないように閲覧しているホームページのアドレスや、掲示板に書き込んだ内容、ショッピングサイトで入力したクレジットカード番号やパスワードなどをSSLにより暗号化させます。
また、SSLを導入するとサイトのURLが「http」 → 「https」に変更されます。追加されるsはsecure(安全であるの意味)の頭文字です。

SSL